ロゴ

男性特有のAGAとは?【正しく知りたい病気について】

男性に発症する脱毛症「AGA」

男性によく髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が酷くなってきたなどの症状で悩んでいる人がいます。そういった人は、男性のみに発症するAGAという男性型脱毛症になっているかもしれません。これは、ある男性ホルモンが影響しています。薄毛対策などを行ってもなかなか改善されない時は、AGAの可能性が高いです。口コミで評判のよい対策法や治療法の情報を集めて、実践していきましょう。

関係している男性ホルモンとは?

AGAが起こる原因としてあげられるのは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが影響しています。これは、正常な発毛を阻害してしまう成分です。そのため、この成分が多いと髪の毛の量が徐々に減っていきます。では、どのようにして改善したらいいのでしょうか?

AGAに効く薬をここでチェック!

no.1

プロペシア

この薬は、今AGAで最も使われている薬です。他の薬と併用しても問題ないので、他の治療薬と合わせて服用できます。効果は、発毛を阻害する成分を抑制して育毛を促進させることができるので、他の薬と飲むことで相乗効果を期待させることが可能です。

no.2

ミノキシジル

この薬は、元々AGA治療薬として改善されたわけではありません。しかし、他の治療薬として治験した結果で多毛の症状が起こることがわかり、AGAの治療薬として開発されました。最近は、プロペシアと併用して処方されることが多く相乗効果によって発毛を促進できます。

no.3

サガーロ

サガーロは、最近開発された薬です。効果は、プロペシアと同じく関係する男性ホルモンを抑制する効果があります。ただ、新しく開発されたばかりの薬になるので認知度が低いです。これから注目を集めていく薬になるかもしれません。

no.4

アロビックス

AGA治療薬の中でも少ない塗布するタイプの薬です。薄くなってきた部分に直接塗布することで、薄毛を改善することができます。また、他の薬とは違って副作用の心配が少ないのも特徴の一つです。値段も安く初めてAGA治療を行なうのなら利用しやすい薬になります。

no.5

ジェネリック

ジェネリックは、他のAGA治療薬と同じ成分で作ることができる薬です。最近では、プロペシアの有効成分の特許期間が過ぎたのでジェネリックとして薬を開発できるようになりました。安い価格で購入できるので、予算を抑えたい人は最適なAGA治療薬になります。

[PR]

AGA治療なら博多のクリニックで受けるべし!
事前に優良医院や薬の作用をcheck!

薄毛対策に有効な方法は口コミで見つけよう
人気グッズを大公開!

治療で改善できる症状

手鏡を持つ人

全員がなるわけではないAGA

AGAは、男性なら誰でもなると思っている人もいます。しかし、誰でも発症するわけではないのです。男性の中には、発症していないのに病院へ相談しにくる人もいるそうです。ですが、病院へ行っても治療を行なうことができないので症状が現れてきてから行くことをおすすめします。

遺伝するって本当なのか?

よく家族に髪の毛が少ない人がいるから自分もなるのでは?と心配する人もいます。確かに、家族にそういった人がいると薄毛になる確率は高いです。これは、やっぱり遺伝しているといっても過言ではありません。博多のAGA治療を受けられる病院は、事前に遺伝なのか確認する検査が受けられます。

AGAで多い質問をまとめてみました

プロペシアは心臓に影響するって本当?

心臓には全く影響しない薬です。プロペシアは、副作用が少なくて安全な薬と言われています。ただ、プロペシアを服用する時は肝臓のリスクが高いと服用できないことがあります。肝臓障害を持っている場合は、医師に相談した上で処方してもらいましょう。

ミノキシジルは飲酒して服用は駄目?

駄目です。これは、ミノキシジルの効果によって体に大きな負担がかかってしまうからです。この薬は、血管を拡張するので飲酒して服用するとアルコールによって血圧低下を更に起こしてしまうことも。といっても、他の薬もお酒を飲んで服用することは危険です。

アロビックスは前頭部に効果が期待できる?

高い効果を期待できます。薄毛治療で最も難しいのは、前頭部です。しかし、アロビックスの場合は皮膚への浸透性がとても高いので前頭部にも高い効果を期待できるのです。塗布タイプなので、簡単に塗れて効果も見えやすいのが特徴でしょう。

フィナステリドを使用している時は献血はだめ?

駄目です。献血するのなら、フィナステリドの使用を止めないといけません。理由は、薬の成分が体内や血液内に残っている可能性が高いからです。献血した血は、同じ血液型の人へ輸血する為のものなので、男性ならまだしも女性で妊娠中の人へ使われてしまうと危険性が高くなります。

亜鉛とフィナステリドの相性は?

髪の毛の栄養素として注目されている亜鉛とフィナステリドはとても相性がいいので同時に摂取すると高い効果を期待できます。同じような働きですが、違う角度から症状に対してアプローチするので高い効果が期待できるのでしょう。